hba1c1ヶ月でどのくらい下がる

 

 

会社の健康診断で、hba1c(ヘモグロビンA1c)の数値が高めって言われました・・・

 

hba1c(ヘモグロビンA1c)って、高くなると糖尿病のリスクが高まるんですよね。

 

現在45歳ですが、やっぱり40を超えたあたりからお腹が出始めたり、仕事の量に比例してストレスも増したりして、あまり健康に気遣っていたとは言えませんでした。

 

ちなみに、現在のヘモグロビンA1cの数値は6.4でした。

 

正常値が4.6〜6.2%というので、少し超えた範囲でしょうけで、このまま上がり続けて行ったりすれば怖いので早めになんとかしたいですね。

 

かといって、長期間かけて食事や生活習慣を見直すのは大変なので、できるだけ短期間、

 

例えば1ヶ月でどのくらい数値が下がるものなのか調べて実践してみました。

まず、お医者さんの言うことを聞いてみた。

 

何はともあれ、検査をしていただいたお医者さんの言うことを聞くことにしました。(当たり前か・・・^^;)

 

ドクター曰く、生活習慣で気をつけること。

炭水化物を食べすぎずバランスよく食べる

 

甘い物を食べすぎない

 

適度に運動をする

 

早寝早起きをして生活リズムを整える

 

ストレスを貯めず適度に発散する

 

・・・おっしゃることごもっともです。

 

食事はある程度気をつけることはできますが、なんせ中間管理職で多忙ですので、ストレスや運動不足は避けて通れないですね。

 

接待や付き合い酒もあるので、早寝早起きもなかなか難しい日が多いし。

 

でも実際、私くらいの数値なら短期間で下げた人もいるそうですよ!

 

短期間(1ヶ月程度)で数値下げた人って?

 

もちろん、検査時の数値とか色々あるわけですが、実際に1ヶ月という短期間でヘモグロビンA1cの数値を私くらいから正常値に下げた人はいるみたいです。

 

そんな急激に下げたって、一体どのくらい節制したのか気になりましたので聞いてみることにしました。

 

 

生活習慣とかは?

 

短期間で数値を落とした方の1ヶ月の生活を聞いてみました。

 

食事の前に必ず野菜を食べる(いわゆるベジファースト)

 

ゆっくりよく噛んで食べる。(30回は多いので、最低15回)

 

昼食後、午後の始業まで会社の周辺をウォーキングする。

 

甘い物は食べない。コーヒーもブラック。

 

夜食は炭水化物を摂らない。(お腹が空いたら豆乳を飲む。)

 

野菜や青魚をよく食べ、豆腐でお腹を膨らます。

 

土日はとにかくよく動く。

 

実際この方は、1ヶ月で私と同じ6.4から6.0まで下げたそうです。

 

以降も下げて、健康体をキープしているということ。

 

「このくらいなら私もできそう!」って思いましたね。

補足:うどん県出身の私・・・

 

 

私は現在は関東糖在住ですが、「讃岐うどん」で有名な香川県(うどん県)出身で、大学卒業まで香川県にいました。

 

もちろん小さい頃からうどんと生活は密着しており、外食はほとんどうどん。

 

それも2玉とか3玉とか平気で食べるし、セルフの店だとおにぎりやいなり、そして天ぷらをサイドメニューで食べるんです。

 

確かにうどんをかっこむのは美味しいんですが、血糖値の上昇が半端じゃない!って感じです。

 

実際、香川県は何年か前まで「糖尿病による死亡率No1」という不名誉な記録を持っていました。

 

それが、近年、行政をあげて「野菜を食べよう!」とかの運動が広がって糖尿病の人口がグッと減った経緯がありますね。

 

炭水化物のカタマリのうどんをほとんど噛まずにかっこみ、しかもおかずはおにぎりや天ぷら・・・

 

こういう食生活が未だに私の生活に浸透していたんでしょうね。

 

ほんと、改める機会になってよかったと思います。

1ヶ月たってみて・・・

 

結局、食事に気をつけるのと、少しのウォーキングで体重も減ってきて、なんとかヘモグロビンA1cも正常値に戻りました。

 

本当は半年とか1年とかかけてゆっくり下げるらしいのですが、1ヶ月という短期間で正常値にもどすのって、結構少数派らしいです。

 

私はそんなに苦しい思いはしませんでした。

 

というのも、「イヌリン」という成分が入ったサプリメントを勧められ飲んでいたからです。

 

>内科医監修のサプリはコレ

 

あと、糖尿病になって本当に怖いのは合併症ですからね。

 

まだまだ働き盛り、健康には気をつけていきたい年頃です!